FC2ブログ
写真と日常と。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
やってみたらオモロかった。
てか、結構当たってると思いました。


タイプ別性格診断


あたしの結果とか、なんかその他の与太話は以下へ。長文注意。↓


■INTP型:問題を解決したがる


考えに耽ってうわの空の大学教授を絵に描いたようなタイプがINTP型である。

頭の中でじっくり考える(I型)なので、N型の想像力が色々な可能性を思いつく。
客観的(T型)なので、その新しいデータを分析し、
際限なく融通がきく(P型)ので、どんなデータもさっそく取り入れてしまう。

論文、図面、計画、企画、提案、理論などなんであろうと、
細々した情報を一つにまとめた完成図を作りあげようとするが、
絶えず新しいデータを発見するので、その完成図がどんどん膨らんでしまう。

その結果、考えや構想や計画がどんなに最終的なものに見えても、
土壇場になって「新しいデータ」が手に入ると変えてしまうのである。

これはINTP型にとってはワクワクするほど楽しいが、
他の人、特にJ型の性向を持つ人にはフラストレーションになる。
完璧に見えても満足しないので、自らが最大の批評家となり粗探しをする。
完璧、有能、優秀であろうとするあまり、それが極端になると
かえって負担になり、うんざりしたり自分を責めたりする。

このタイプは女性の場合に葛藤を生む。

考えに耽る大学教授というのは従来、女性のイメージと言うよりは男性のイメージで、
頭だけで理屈をこねる資質は、男性の場合は大目に見られるが
女性の場合あまり受け入れられない。

そこで少なくとも三つの問題が生じる。

第一に、女性は昔から家庭や家族の事以外では、設計能力があるとは見られてこなかった。
だから、人生を頭で考えた理屈にあわせたいと思うのは、
INTP型にとっては当たり前なのだが、従来の女性の役割には真っ向から反する。

第二に、独創的に考えるのも従来の女性の気質とは見られていない。
例えば、時間を聞かれると、INTP型は時間の哲学的な意味について述べたくなる。
そうした風変わりな面も男性ならば頭が良すぎるせいだと見られるが、
女性だと「鈍感」とか、時には「頭が鈍い」というレッテルを貼られてしまう。

第三に、T型の面が、従順、優しい、気配りといった女らしさに反する形で表れる。

INTP型の女性が感情を表に表した場合、悪くすると、
しばしば極端に表現しすぎて、本人も他の人もギョッとしてしまう。


■親子関係


INTP型は、親というのは子どもの未熟な頭を伸ばしてやるものだと思っている。

一人ひとりの子どもの違いを辛抱強く受けとめ、
子どもには自分の考えをもって生きていけるように育ってほしいと願う。
自分の進むべき道を模索する子どもを驚くほど寛大に支えてやる。

子どもの発達にあまり口を挟まない。
どんな考え方や行動をしたらよいか、いくつか選択できる道を示唆するだけで、
決して押しつけずに、新しい可能性を示してやる。

その助言が受け入れられなかったら、
「ちょっと言ってみただけ」と答えるのが普通である。
だが、時には、反抗的だったり無関心に見える時でさえ、
子どもは親が別の考え方を押しつけてくれるのを待っている事もあるのだ。
そういう子どもにとっては、「無理やり」とか「押しつけ」といった言葉とは
無縁のINTP型の親を持ったら不運である。

INTP型の子どもは、人との付き合いで内気と見られるか、
逆に、やたらに理屈っぽく突っかかってくるかのどちらかで、その中間は少ない。

学校では、一つのことに集中せず、
授業とは関係ないことをあれこれ追求しすぎると見られたり、
場違いな時に場違いな質問をすると見られる。
そうした行動は、特に女の子の場合、人騒がせと取られる。

必然的に、INTP型は学校生活に耐えて生き抜いていくために、
誰よりもよく勉強することになる。





実は答えに迷う質問がいくつかありまして、その質問の選択肢を変えて
二度目をやってみると、こういう答えになりました。
SとNって真逆なはずなんですけどw



■ISTP型:なんでも一度は試してみる


控えめで、打ち解けず、対人関係に用心深いが、なんでも一度は試してみようとする。
内面を見つめるタイプで(I型)、それが客観的な決断をくだす傾向とあいまって、
会話がどう進むのか他の人がどうするのか、様子を見てから手の内を見せる。

物の考え方が具体的で(S型)、何でも自分の周りの事に関連させて捉えるので(P型)、
元来ひっこみ思案な性格からすれば行動的で自発的な役回りになってしまう。

突然、意表を突いたユーモアを言ったり、
柄にもなく任せてくれという態度をとったり、
壊れた物を不意に直したくなったりして、他の人たちを困惑させる。

ISTP型は手先が器用で、すぐに目に見える形で成果があがると満足感を覚える。
観察力が優れているので、気になる事があると、
手順を踏んだり手引書を読まなければいけないなどとは思わずに、すぐに取りかかってしまう。
だから、仕事好きで結果がうまくいくと、やり遂げた満足感が大きい。

やっている最中に手引書を読まなければならなくなると
直接関連のある個所だけを読む。
時間や労力を無駄に使わない事が、ISTP型にとっては極めて重要な問題なのだ。

割り当てられた仕事がつまらない、退屈、実際的ではないと思うと、
その仕事より自分の関心事を優先させる。
自分のやりたいことに熱中するあまり、他のやるべき事を
(無視したり忘れるわけではないが)二の次にしてしまう。

気が乗ると、非常に正確かつ厳密に仕事をするので、
他の人を驚かせたり、羨ましがらせたりする。
仕事のためとあれば危険も省みない。

ISTP型の男性は、伝統的に男の活動とされているもの
(一対一でやるスポーツ、重い装置を扱う作業、自動車レーサー、大工など)
に、やりがいを感じ、満足感を覚える。

ISTP型の女性も、そういうものが得意で満足感も大きいが、
実際にやると、おてんばと見られてしまう。

ISTP型は往々にして、特にE型やJ型の人には不可解に思われてしまう。
予測できない行動をとったり、人との付き合いに無関心に見えるところが、
E型やJ型の気に障り文句を言われる。

ISTP型はそうした押し付けがましさに反発を覚えるだけではなく、
わざと期待はずれに振る舞い、内心ではほくそ笑んでいるので、
結局は相変わらずよく分からない人だと思われてしまう。


■親子関係


ISTP型の親は、物事が計画通りに行くとは思っていない。
様子を見ていて、いざと言うときにやる。
どんなにきちんと立てた計画でもうまくいかない事があると思っている。

興奮したり、感情的になったり、冷静さを失うまいとする。
そんなことをしたら余分なエネルギーを使ってしまい、
次に起こることに対処できないという、もっともな理由があるのだ。

ISTP型の親は子どもに自分を押しつけない。
子どもの主体性、干渉されたくない場所、関心や発達の違いを大切にして、
言葉でも行動でもその価値観を実行しようと努力する。
だが、意見が衝突すると、ISTP型の親でも声をあらげて感情的に応じてしまう事があるが、
いったん気を静めると、いくつかの選択の余地を冷静に示す。

ISTP型の子どもは、機械などがどういう仕組みになっているのか
知りたくなると分解してしまったり、やりたい事があると、
承諾も得ずにさっさとやってみようとしたり、他のタイプの人からは
いつも面倒を引き起こしているように見られてしまう。

オートバイに関心を持ち(乗るのも修理するのも好きである)、
家族の心配の種になることが多い。

目下の関心事で実際に経験できるものを学ぶのが一番楽しい。
何かを学ぶには実際にやってみるしかないと思っている。

だから、抽象的な事や日常生活に直接関係のない事になるほど、
関心がなく、やる気が起きない。

ISTP型は子どもも大人も、歓迎会、記念日、親睦会といった
家族の特別な行事を楽しみにするが、行事そのもの内容よりも、
特別なケーキを焼いたり、贈り物を用意したりといった
その下準備のほうに関心を向けることが多い。

本番をないがしろにするので、他のタイプの人はそうした行動を気配りがない、
協カ的でない、付き合いが悪いと受けとる。
だが、そうではない。
ISTP型は社交的な付き合いをあまり必要としていないだけなのだ。

その行事が終わると、ニ、三のごく親しい友人には、
まだ帰らなくてもいいではないかと勧める。
それからが「本当のパーティー」で、気の合う友人と楽しい時を過ごすのである。


参考にタイプの説明。

・内向(I)型

観察した事や決断した事を口に出さない。
考えや着想が活力の源となるが、激しい議論をすると生気がなくなる。

話すよりも聞き手に回る。
I型は数時間も二人以上で過ごすと、一人で考える「充電」時間が必要だと思う。


・現実(S)型

自分の周りの世界を認識したり観察したりデータを集めたりする時、
かなり事実にこだわるほう。
実際的、現実的であり、五感で感じる部分を楽しむほうで、
ある状況を実地に経験するほうに関心がある。

自分の前で物事が厳密かつ継続的にに展開するのを好み、
もっぱら五感に頼って情報を集めたりする。

S型は事実と詳細にこだわり、どういう意味なのかをあまり考えない。


・直感(N)型

五感で情報を集めても、すぐに直感で解釈してしまい、
可能性や意味、様々な物事の関連性を求めてしまう。
壮大な企画を立てたり、物事を全体論でとらえる。

およそとか、行当りばったりという言葉が好き。


・思考(T)型

理屈を重んじ、人の意見に左右されず、分析的で、
客観的価値観を持って、結論をだす。
グループの決定に個人的には関わらない傾向があり、
なるべく結果を考えて行動する。

正義と明晰さを求める。よく頑固だと言われる。


・柔軟型(P)型

さまざまな状況に柔軟に、自発的に、順応性をもって、
臨機応変に対処できる環境を自分の周りに作る。

いったん下した決定に固執するのはかえって不安。
特定の問題でどんな立場をとっているのか、
他の人にはなかなか分かってもらえない。

どの仕事をやらなければならないか、ある問題をどう解決するか、
今日何をするかなど、大体なんでも「様子を見る」態度を取りたがる。

P型はどんな問題についても結論(判断)を出すよりも、
理解しようとする、つまり新しい情報をいつまでも集めるー傾向がある。

極端な場合、P型は決断を下すことができず。
J型はいったん下した決断を変える事がほとんどできなくなる。




これ、どっちも結構あたし当てはまるんだよなぁw
まぁでも、こういうのって占いとよく似たもので、
これだけ文言が多ければ何かしらは該当するだろうし、当たった気もするだろうし。
そう考えたら、結局どっちでもいーじゃん!(・∀・)
って話に収まるという、脅威の台無し具合。
ああ可愛くない。

今までの長文たちと読んでくれた人たちに謝れ。







そういえば昨日、知り合いの画家さんの個展に行きまして。
そこで絵を描かれているという1人の女性の方と、お初でお話したんですけど。
なんと「ブログ読んでるんですよー」なんて言われて、
リエさん本気でキョドりマクリマ・クリスティー。

だって、ブログひた隠しに隠してるのに!!
検索に引っかからないようにワードとかにも気を配ってるのに!!
こんなのリアルでバレたら悶死確定なのに!!w

「どっ、ど、どどどどこから知ったんですか!?」
と聞くと、
「えーっと、ダムのお話から?」
という、写真ともカメラとも何とも関係ないところからで、本気でウケましたw
渇水でググッたらヒットしたようですw


ダムてw
よりによってダムてw



あたし、隠してた趣味と言うか、個人的な楽しみがあるんですけど、
ダムの貯水量を知るのが好き。なんです。
過去にダムにハマッた時期がありまして、その名残?と言うかなんと言うか。
なので、携帯にはいつで見れるように、そういうサイトをブックマークしてます。
ほぼ毎日見ておりますw
そういう話をしたら大爆笑されましたw

なんか水位が移りゆくのが楽しいんですよね。
前年比とかのデータも見れるんですが、それもまた楽しい。
そうかー。前年から言うと今年は-0.2かぁ。などと思ったりしてるわけです。
思ったからどうするわけでもないんですけどw
ちなみに興味があるのは、柳瀬、新宮、富郷が主です。
たまに石手川とか早明浦とか気にするw

最近、バス釣りに行く前のN氏から、「水位どうなってる?」と
メールが届くようになりました。

どうも。あなたの便利なダム貯水量報告室(有料)です。
今は新宮が76.1%だよ。後はほぼ満水だよ。足場無いよ。
はい、500円。
[ 2010-07-11 (Sun) 05:45 ]  
   Category:未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。